心と体の栄養の力を知ることで、生活が激変。 知らない間に薬いらず、お医者さんいらずの体に変身。

menu

栄養ゲノム博士の脱薬 体調改善事典

他のミネラルと関係強化で効果を発揮・カルシウム(Ca)

不足傾向にあり、積極的な摂取が大切。骨との関わりの他、血圧や抗酸化作用も

カルシウムが歯と骨に深く関わっていることは、多くの人が知っていることでしょう。実際にカルシウムの99%は、歯と骨に存在しています。

乳製品や魚介類、大豆製品、藻類などに多く含まれますが、日本人は不足傾向にあるため、積極的な摂取が叫ばれています。また、年齢を重ねることで、吸収力が低下。血中のカルシウムが不足すると骨から溶け出す「骨吸収」という現象が起き、骨がもろくなってしまうため、この現象が起こりやすい閉経後の女性は注意が必要です。

他にも、神経筋興奮や血圧を安定させたり、ホルモンや神経伝達物質の放出、抗酸化力を発揮し、細胞の酸化を防ぐなどの効果があります。またマグネシウムと連携して、骨の健康の他、細胞を活性化します。カルシウムは、他のミネラルとのバランスが重要。カルシウム2に対して、マグネシウムは1。リンは同量の摂取が理想です。

カルシウムが不足すると…

骨重量減少症、骨粗しょう症、軟骨変形性関節症、高血圧、動脈硬化、免疫異常、糖尿病、イライラや神経過敏。

期待される効果

歯や骨を頑丈にします。筋肉の働きを滑らかにします。情緒を安定させます。肩こりを予防します。骨粗鬆症(骨粗しょう症)を予防します。

カルシウムを多く含む食品

干しエビ、ひじき、えんどう豆、煮干し、わかめ

カレンダー

2019年8月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031