心と体の栄養の力を知ることで、生活が激変。 知らない間に薬いらず、お医者さんいらずの体に変身。

menu

栄養ゲノム博士の脱薬 体調改善事典

認知症や聴力障害を予防する葉酸

胎児や子どもに重要。動脈硬化や心臓病も予防。

葉酸は、DNAの合成や修復に必要不可欠で、特に細胞分裂が盛んな胎児や子供には重要です。遺伝子情報が書き込まれたDNA「核酸」の合成を助け、細胞の再生を活発にする効果があります。そのため、胎児の細胞分裂が盛んな妊娠初期には積極的な摂取を求められます。

またビタミンB12と共に、血液の生産にかかわり、悪性貧血(巨赤芽球性貧血)を防ぐ効果があります。さらに、ビタミンB6やB12と同時に働き、ホモシステインを無害なアミノ酸に変えるため、動脈硬化や心臓病を予防する効果があります。

葉酸が不足すると…

巨赤芽球性貧血が起こります。細胞分裂に関わり、粘膜の機能を維持する働きもあるため不足すると胃潰瘍や口内炎の原因になることがあります。また神経過敏、うつ状態にも関係します。

期待される効果

胎児の先天性異常などを予防、認知症や聴力障害を予防、動脈硬化を予防、貧血を予防、皮膚や粘膜の機能を高めます。

葉酸を多く含む食品

鶏肉レバー、牛レバー、パセリ、うに

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031