心と体の栄養の力を知ることで、生活が激変。 知らない間に薬いらず、お医者さんいらずの体に変身。

menu

栄養ゲノム博士の脱薬 体調改善事典

元気の源 L-カルニチンにはダイエット効果も

臓器や脳に対し、強力なアンチエイジング効果をもたらし、細胞レベルの若返りを促進する。

L-カルニチンは、肝臓や腎臓で「リジン」と「メチオニン」という
2つのアミノ酸から作られる微量成分です。
L-カルニチンは脂質の代謝に必要不可欠なアミノ酸ですが、
年齢とともに生成量は低下し、体内で不足するようになります。

L-カルニチン
L-カルニチン

コエンザイムQ10(CoQ10)が、ミトコンドリア内に多く含まれ、
ATPの生産に関与していることは前述のとおりですが、
そのミトコンドリアに脂肪酸をせっせと運んでくれる物質がL-カルニチンです。

実は脂肪酸は、単独ではミトコンドリアの膜を通過することができません。
L-カルニチンと結びつくことによって、やっとミトコンドリア内に入り、
エネルギーとして活用されるのです。

脂肪酸は、L-カルニチンがないとミトコンドリアの膜を通過できない

L-カルニチンは心臓病の治療薬として活用されている

心臓の筋肉を動かすためのエネルギーが、
L-カルニチンによって作られているためです。
L-カルニチンを摂取することで、動悸や息切れといった
心臓病の症状を緩和することができます。

またL-カルニチンは、一部「アセチル-L-カルニチン」に変わります。
これは、脳内に多く含まれる物質で、不足すると頭の働きが悪くなったり、
脳細胞が壊れやすくなります。脳細胞は、生まれてから減少の一途で、
毎日数万という単位で細胞死しているといわれています。

L-カルニチンは、一部「アセチル-L-カルニチン」に変わります。

年配者の脳は、生まれた時の半数しかないともいわれますが、
アセチル-L-カルニチンが不足することで、この細胞死のスピードが早まり、
老人性認知症(痴呆症)になりやすくなるのです。

アセチル-L-カルニチンは、血液脳関門を通過し、
脳内で神経伝達物質であるアセチルコリンの生成にかかわり、
これによっても脳の働きを活性化し、脳の老化を防止します。

期待される効果

脂肪の燃焼、高脂血症の予防と改善、
動脈硬化などの生活習慣病の予防、疲労回復、
慢性的な疲労感やだるさの解消、記憶力の増強、
脳の老化防止、痴呆症予防、運動能力の向上、
免疫力の強化、不妊の改善など

L-カルニチンを多く含む食品

羊の肉、牛肉、鹿肉、豚肉

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031