心と体の栄養の力を知ることで、生活が激変。 知らない間に薬いらず、お医者さんいらずの体に変身。

menu

栄養ゲノム博士の脱薬 体調改善事典

重大な目の病気の予防にルテイン

黄斑変性症や白内障など加齢による目の病気に対する効果が期待。

ルテイン(Lutein)とは、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分で強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種です。

ルテインは、人間の体内では主に目の中の黄斑部や水晶体、皮膚、乳房、大腸に存在しており、特に目に対する効果が高く評価されている栄養素です。

ルテインはゼアキサンチンとともに、活性酸素により起こりうる酸化のダメージから黄斑部を守ってくれる効果があるといわれています。また、ルテインは、抗酸化作用に加えて抗炎症作用も持つことが明らかとなっており、ルテインの持つ抗炎症作用はぶどう膜炎などの眼病予防に効果的であるといわれています。

紫外線は肌にも深刻なダメージを与えますが、人間の皮膚に含まれているルテインは、酸化や光のダメージから肌を守る作用によって消費されてしまいます。ルテインを体内に補うことは、目だけではなく肌の老化予防にもつながるのです。

ルテインが不足すると…

水晶体においては白内障、黄斑部においては加齢黄斑変性症(AMD)といった眼疾患リスクにつながることが実証されています。

期待される効果

黄斑変性症の予防、白内障の予防、疲れ目やドライアイなどの予防

ルテインを多く含む食品

緑黄色野菜

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031