心と体の栄養の力を知ることで、生活が激変。 知らない間に薬いらず、お医者さんいらずの体に変身。

menu

栄養ゲノム博士の脱薬 体調改善事典

老人班やシミ・しわを改善するビタミンA(ベータカロチン)

抗酸化作用で肌や粘膜、目を健康に保つ。アレルギーや感染症に強い体をつくる。

ビタミンAは脂溶性ビタミンで、2種類あります。ひとつは、動物性食品に含まれ、すでにビタミンAの形になっている「レチノール」。もうひとつは、色の濃い緑黄色野菜に多く含まれ、体内で必要に応じてビタミンAに変わる「カロテノイド」。これは、「プロビタミンA」とも呼ばれ、この代表がベータカロチンです。

レチノールの過剰摂取は副作用の可能性があるため、ビタミンAの摂取は、なるべくベータカロチンで摂取するようにします。体内でビタミンAに変わらなかったベータカロチンは、悪玉といわれるLDLコレステロールが血管内でとどまって酸化するのを防止します。そのため、動脈硬化や心筋梗塞などの予防にもつながります。

また、免疫メカニズムに関わるリンパ球の一種で、感染と闘うT細胞の数を増やすため、アレルギーを起こしにくい体質にしたり、肺の活性酸素を中和し、肺炎や多臓器不全を防ぐ役割もあるといわれています。

さらに、夜盲症や視力低下を防ぎ、さまざまな目の障害の治療を助けるとされるほか、肌の新陳代謝を活発にしたり、粘膜を活性酸素から守る働きをしたりします。肌が強くなると、老人斑やシミ・シワを改善する効果もあり、女性にはとくに嬉しいビタミンだといえます。

ビタミンAが不足すると…

爪がもろくなります。肌が乾燥します。抜け毛が増えます。また慢性的な下痢の理由のひとつともいわれます。風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。骨の造骨細胞の分裂が鈍くなり、骨が弱くなり、歯や歯茎が弱くなります。

期待される効果

疲れ目や視力の低下を防ぎます。肌あれを防ぎます。風邪を予防します。ガンを予防します。活性酸素を除去します。

ビタミンAを多く含む食品

あんこうの肝 うなぎ ほたるいか 鶏肉レバー

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031