心と体の栄養の力を知ることで、生活が激変。 知らない間に薬いらず、お医者さんいらずの体に変身。

menu

栄養ゲノム博士の脱薬 体調改善事典

脱毛を防ぐパントテン酸(ビタミンB5)

疲れやすさや肌の乾燥、脱毛を防ぐ。免疫力も強化する。

コエンザイムAという補酵素の構成成分となっていて、タンパク質、糖質、脂質のエネルギー代謝に関与しています。そのため、不足すると、エネルギー代謝が悪くなり、疲れやすさを感じたり、肌荒れや脱毛が起こることがあります。

多くのホルモンや神経伝達物質の生成にも必要なほか、免疫力を強化する働きがあり、感染症を予防。 さらに副腎の働きをサポートして、抗ストレスホルモンの分泌を活発にする効果があるといわれています。血液中の善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を改善したり予防したりする効果も期待されています。

パントテン酸が不足すると…

肌が乾燥気味になり、脱毛、白髪が増えます。筋肉痛、食欲不振、イライラや うつ症状等が現われます。極端に不足すると頭痛、脱力感、不眠や四肢に痛みや かゆみが出ることもあります。

期待される効果

ストレスを緩和、コレステロールをコントロールします。美肌効果、髪を美しく保ちます。免疫力をアップ、生活習慣病を予防します。

パントテン酸を多く含む食品

納豆、たらこ、鶏レバー、うなぎ、卵

カレンダー

2019年1月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031