心と体の栄養の力を知ることで、生活が激変。 知らない間に薬いらず、お医者さんいらずの体に変身。

menu

栄養ゲノム博士の脱薬 体調改善事典

ビタミンB6(ビリドキシン)が不足すると生理前に体調が悪くなる

たんぱく質の代謝に不可欠。 女性ホルモンとの関係も深い。

アミノ酸の合成や分解を促進し、タンパク質代謝を正常に維持します。タンパク質の摂取量が多いときは、ビタミンB6も多く摂る必要があります。また、ナトリウムとカリウムのバランスを保ち、代謝性生成毒であるホモシステインの排出を助けるなどして、心臓などの循環器の健康をサポートします。神経伝達物質や脳と関わりの深いホルモンの生成を助け、脳の機能の健全化にも役立っています。

女性ホルモンとの関わりも深いといわれ、ビタミンB6が不足すると生理前に体調が悪くなる「月経前症候群」が起きやすくなったり、妊娠時にはつわりが重くなったりします。また、近年の研究により、抗アレルギー作用や、免疫機能の強化などの働きもあることが明らかになってきています。

ビタミンB6が不足すると…

湿疹やじんましん、脂漏性湿疹などの皮膚疾患や口角炎や口内炎などの口腔の炎症が起りやすくなる他、貧血、食欲不振、神経炎、妊娠悪阻の悪化などがみられます。

期待される効果

たんぱく質や脂質の分解を助けます。月経前症候群の改善、つわりを緩和、妊娠中毒症を改善、皮膚炎(ニキビ)や口内炎の予防、動脈硬化や心筋梗塞の予防、免疫力を高めます。精神を落ち着かせ安定させます。

ビタミンB6を多く含む食品

抹茶、とうがらし、にんにく、バナナ

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031