心と体の栄養の力を知ることで、生活が激変。 知らない間に薬いらず、お医者さんいらずの体に変身。

menu

栄養ゲノム博士の脱薬 体調改善事典

抗癌剤治療に使われるビタミンC

強力な抗酸化作用があり、美と健康に必須。ガンの治療にも使われる。

とても身近で一番 目にすることの多いビタミンCですが、これは水溶性のビタミンで強力な抗酸化作用をもっているとして有名です。女性なら誰もが知っているといってもいい美肌効果が、その注目の高さの理由かもしれません。これはビタミンCが肌のメラニン色素を薄くし、シミやそばかすを徐々に薄くし、透明感のある肌にするというものです。

ビタミンCは、コラーゲンの生成と保持にも深く関わっています。コラーゲンとは、皮膚、血管、腱、歯などほとんどの組織に存在する繊維状のタンパク質のこと。その量は、体全体のたんぱく質の30%ともいわれ、いかに重要であるかがわかります。このコラーゲンは細胞と細胞をつなぐ、いわば接着剤のようなもの。不足すると細胞同士のつながりが弱まり、血管や皮膚、粘膜などがもろくなり、出血や感染症を起こしやすくなります。

また、免疫力を高める効果もあります。これは、体内に侵入したウイルスや細菌を迎え討つ白血球の働きを助けるためです。抗酸化作用、抗アレルギー作用もあります。

さらに最近の研究では、胃ガンや肝臓ガンの原因ではないかといわれているニトロソアミン(発ガン物質)の形成を抑制することがわかってきました。アメリカで行われている栄養療法では、点滴を使って大量にビタミンCを体内に注入することで、ガン克服を試みる治療が行われ
ています。

また、ストレスとの関わりにも注目したいところ。私たちはストレスを感じるとアドレナリン(抗ストレスホルモン)を分泌して血糖値を上昇させ、ストレスに対抗しようとします。ビタミンCは、このアドレナリンを生成するときの補酵素。ストレスを感じる機会が多ければアドレナリンの分泌量も増え、ビタミンCの消費量も増加するのです。

この重要な働きをするビタミンC。実はほとんどの動物は体内で合成することができますが、人やサル、モルモットは作り出すことができません。そのため、食品などから摂取しなければならないのですが、熱や光、酸に敏感で、すぐに壊れてしまうことも知っておきたい点です。

ビタミンCが不足すると…

疲れやすくなったり、感染症への抵抗力が落ち、風邪をひきやすくなります。出血しやすくなります。貧血を起こしやすくなります。無気力、うつ、イライラなど精神的な影響もあります。肌のしみ、そばかすが濃くなり、たるみやシワが目立つようになります。乾燥肌になります。筋肉が弱くなり、骨が脆くなります。

期待される効果

免疫力を高め風邪などに対抗します。コラーゲンの生成を助けます。ガンを予防します。ストレスに対抗します。コレステロールを下げます。しみ・そばかすを防ぎます。痛風を緩和します。

ビタミンCを多く含む食品

ハム、ロース、めんたいこ、ゆず、レモン

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031