心と体の栄養の力を知ることで、生活が激変。 知らない間に薬いらず、お医者さんいらずの体に変身。

menu

栄養ゲノム博士の脱薬 体調改善事典

白内障や黄班変性症にゼアキサンチン

強力な抗酸化作用を持ち、人間の体内ではルテインとともに目の黄斑部に存在しているため、黄斑変性症や白内障の予防に対する効果が期待。

ゼアキサンチンとはカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類されます。パプリカやほうれん草などの緑黄色野菜や、とうもろこし、パパイヤ、乾燥したスピルリナなどに豊富に含まれています。

ゼアキサンチンは、強力な抗酸化作用を持つ成分であり、人間の体内においてはルテインとともに黄斑部に存在することで、目の健康維持に深く関与しています。

ゼアキサンチンは紫外線や有害な青色の光(ブルーライト)を吸収する働きも持っており、目の健康維持には不可欠な栄養素として、ゼアキサンチンの必要性を重視する見方が強まっています。また、潜在的に心臓あるいは、血管(循環器疾患)および、ガンに関連する病をもたらすフリーラジカル(遊離基)の有害な作用から人体を保護する働きを持つ抗酸化物質として、ルテインとゼアキサンチンを摂取することは極めて重要といえるでしょう。

ゼアキサンチンが不足すると…

ゼアキサンチンはルテインとともに働くことで、白内障や黄斑変性症を予防する効果があるといわれています。人体はルテインとゼアキサンチンを生成することができないので、食物摂取により確保する必要があります。

期待される効果

白内障や黄斑変性症を予防

ゼアキサンチンを多く含む食品

ほうれん草、パプリカ、ブロッコリー、とうもろこし

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031