心と体の栄養の力を知ることで、生活が激変。 知らない間に薬いらず、お医者さんいらずの体に変身。

menu

栄養ゲノム博士の脱薬 体調改善事典

亜鉛(Zn)が不足すると恐ろしい・・・

亜鉛は体内のいたるところで働いているミネラルです。そのため効果・効能も多義にわたります。味覚障害から精神疾患まで、幅広い作用がありながら、慢性的な不足が懸念されています。

酵素の活性化

約300種類の酵素を活性化します。

細胞分裂や新陳代謝

細胞分裂する際に亜鉛が不足していると、DNAが正しく分裂できなくなります。

活性酸素の消去

亜鉛はSODという強力な抗酸化酵素の材料になります。

胎児の健康な成長

細胞が爆発的に分裂する妊娠中は大量に亜鉛が必要になります。

精子を作る

アメリカでは亜鉛のことをセックスミネラルと呼び、精子の生成や運動,女性の卵巣にも働きかけます。

アルコールを分解する

アルコール脱水酵素がアルコールを分解するときに亜鉛が必要なります。

免疫力を高める

免疫細胞を活性化する働きがあります。亜鉛をたくさん摂っていると風邪を引きにくくなるというデータがあります。

味覚

亜鉛は味覚細胞の形成にかかわっています。そのため亜鉛不足になると味覚異常になります。

穏やかな気持ちにする

脳内にも亜鉛は多く存在し、記憶や精神の安定に関わっています。

血糖値を下げる

亜鉛は糖の代謝に必要なインスリンを作るために必要になります。

子供の健康な成長

細胞分裂が活発な成長期の子供には亜鉛は不可欠です。亜鉛が不足すると身長,体重が正常に増加しない成長遅滞になってしまいます。亜鉛がインスリン様成長因子(IGF)の働きを補助し骨の成長を促進しているという研究があります。

亜鉛が不足すると…

舌の味覚障害。喉の痛み、鼻水・鼻づまり。肌の乾燥やシミ,シワなど。脱毛,薄毛,髪の毛が細くなる。爪の異常。精子欠乏,勃起不全。胎児の成長不全。抗酸化力の低下、免疫力低下。イライラし気分がふさぎ込む。記憶力の低下。精神の不安定、うつを招く。などいろいろな症状が現れます。

期待される効果

皮膚の新陳代謝、成長や発育、ホルモンの合成・分泌、味覚・嗅覚などの感覚機能、免疫力の向上、精神の安定

亜鉛を多く含む食品

生牡蠣、ビーフジャーキー、えんどう豆、豚レバー

カレンダー

2019年1月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031