健美伝心 長崎県編

健美伝心とは
地元風土を生かし、先人、そして今をそこに生きる人たちの生活の知恵・習慣・食文化を通して健康・美をお伝えするサイト。地元に住んでいるからこそ伝えたい事、知って欲しい情報がここにある・・・。 地元風土を生かし、先人、そして今をそこに生きる人たちの生活の知恵・習慣・食文化を通して健康・美をお伝えするサイト。地元に住んでいるからこそ伝えたい事、知って欲しい情報がここにある・・・。
健
真の健康とは、心身とも健康な事。生き甲斐を感じ生活する事が健康の第1歩。 そのヒントがこのサイトの中にある。 真の健康とは、心身とも健康な事。生き甲斐を感じ生活する事が健康の第1歩。 そのヒントがこのサイトの中にある。
美
美しさとは、相手を思う優しい気持ちと愛と笑顔で作られます。美しさの素がこのサイトの中にある。 美しさとは、相手を思う優しい気持ちと愛と笑顔で作られます。美しさの素がこのサイトの中にある。
伝
人だから出来る言葉・音楽のコミュケーション。感動を言葉で伝える喜びをわかちあえるサイト。 人だから出来る言葉・音楽のコミュケーション。感動を言葉で伝える喜びをわかちあえるサイト。
心
心の元気があってこそ、体の元気が作られます。 心の元気があってこそ、体の元気が作られます。
健
美
伝
心

< 習慣 >

物忘れを防ぐための子供との楽しみ方を紹介します。

,習慣,坂本編集員

最近、ちょっとした物忘れが多くなってきたような気がします。

職業柄、人の名前は覚えているのですが、行動に対して多いです。

たとえば、「寝る前に鍋を冷蔵庫に入れておいて」や「これして」「あれしてて」に対しての忘れることが多いです。

その時、いつもやっていることをしていると、それが終わってから、する予定にしていても、し忘れています。

これから暑くなる時期になり、食べ物も傷むのが早くなります。少しでも物忘れを改善したいと思い、調べることに。

物忘れには、もちろん脳が関係します。

情報に応じて行動するのに必要な脳は、前頭葉です。

物忘れに関係していると言われている前頭葉。それに海馬(かいば)も関係しているみたいです。

前頭葉は、脳の司令塔と呼ばれるほど大切な部分。

脳の他の部分から過去に得た情報や記憶を引き出し、それらを整理統合し、実際に行動に移す事を決める働きをします。

脳のおよそ4割を前頭葉が占めています。

海馬は一時記憶の部分。

海馬は記憶を司ると言われます。

脳に蓄えられた情報を引き出して行動するために使うのは前頭葉ですから、前頭葉が衰えた場合も物忘れは多発。

最近の事柄が思い出せないのが海馬の衰えで、過去の記憶がうまく引き出せないのは前頭葉の衰えであると考えてもいいみたいです。

前頭葉の衰えが進むと物忘れだけでなく、思考力、想像力、判断力も衰え、何事に対しても無気力になってしまいます。

前頭葉と海馬ですが、積極的に使う事によって強化することが可能

前頭葉と海馬の強化方法

・効果的なのが、簡単な計算問題を解くという方法です
・運動を行う事も前頭葉の活性化につながります
・日記をつける

日記をつけるためには、その日の出来事を思い出す必要がありますよね。この「思い出す」というのが重要です

前頭葉と海馬、同時に鍛えられそうですね!

我が家では、現在、地上波で放送されている小学生でも分かるクイズ番組をみたりして、みんなで盛り上がっています。

我が家の小学生組(6年・4年・2年)も解けるので、子供たちも好きな番組です。これからも、一緒に視聴して楽しみたいと思います。

それに、個人的には学生時代数学が大好きなのもあり、小学生組の算数の宿題で分からないところを、一緒に解いています。

もちろん、ヒントは出しますが、答えは教えません。

それと、私たちの時代と解き方が違ったりしますので、まず、教科書とノートも用意。解き方を理解してから、子供たちのやり方で一緒に解いていきます。

私自身も算数を楽しく解きながら、子供に教える難しさを味わっています。

また、それが脳にいいとわかると、これから先も率先してやっていきそうです。私は楽しんで、子供も解けて、脳にいい。一石三鳥くらいありますね!(笑)

2〜30代の若い世代には、若年性健忘症という病気の可能性もあるみたいです。

パソコンやスマートフォンの普及によって、自分自身で考える機会が減少した事が原因のひとつ。

この若年性健忘症も計算をしたりして、脳を使うことによって、機能の低下を防ぐことができるみたいです。

それに、偏った食事や睡眠不足は脳を衰えさせる原因になってしまいます。きちんとバランスのとれた食事をとり、適度な運動を行い、夜はぐっすり眠りましょう。

今は、家族みんなで栄養補助食品を利用していますので、これから先、物忘れの少ない家庭になるといいなと思っています。

執筆:坂本編集員
適度な運動とサプリでの栄養補給でベストコンディションの私のプロフィール
(顔写真付き)は下記のURLをクリック(タップ)するとご覧いただけます。
http://kenbi-denshin.com/nagasaki/editor/2006

  • googleplus