健美伝心 長崎県編

健美伝心とは
地元風土を生かし、先人、そして今をそこに生きる人たちの生活の知恵・習慣・食文化を通して健康・美をお伝えするサイト。地元に住んでいるからこそ伝えたい事、知って欲しい情報がここにある・・・。 地元風土を生かし、先人、そして今をそこに生きる人たちの生活の知恵・習慣・食文化を通して健康・美をお伝えするサイト。地元に住んでいるからこそ伝えたい事、知って欲しい情報がここにある・・・。
健
真の健康とは、心身とも健康な事。生き甲斐を感じ生活する事が健康の第1歩。 そのヒントがこのサイトの中にある。 真の健康とは、心身とも健康な事。生き甲斐を感じ生活する事が健康の第1歩。 そのヒントがこのサイトの中にある。
美
美しさとは、相手を思う優しい気持ちと愛と笑顔で作られます。美しさの素がこのサイトの中にある。 美しさとは、相手を思う優しい気持ちと愛と笑顔で作られます。美しさの素がこのサイトの中にある。
伝
人だから出来る言葉・音楽のコミュケーション。感動を言葉で伝える喜びをわかちあえるサイト。 人だから出来る言葉・音楽のコミュケーション。感動を言葉で伝える喜びをわかちあえるサイト。
心
心の元気があってこそ、体の元気が作られます。 心の元気があってこそ、体の元気が作られます。
健
美
伝
心

< information >

とにかく まずは 検診へ!乳がん検診へ行って来ました。

,information,由佳理編集員

6月22日 小林麻央さんが乳がんとの闘病の末にお亡くなりになりました。

ご家族の愛に包まれ 麻央さん自身からご家族や麻央さんのブログなどを通して同じ病の中 励まし励まされた方々への深い愛を遺しての旅立ちに多くの方々が深い深い悲しみに包まれています。

麻央さんの御冥福を慎んでお祈り申し上げます、、、。

乳がん と聞くと 北斗晶さん 生稲晃子さん が体験されていて現在は復帰されてご活躍されてその姿もまた 多くの方々の励ましや喜びになっていますね。

ごく最近では TV番組での検診で異常が発見された 麻倉未稀さん も これから 乳がんと闘って行かれると言うこと、克服なさってパワフルな歌声が聴ける日を楽しみにしたいですね。

これほどまでに 乳がん を耳にすることが多くなったのは 多くの患者さんがいろんな形で 乳がんについて 様々に発信する方が増えたからなのでしょうか?

『乳がん検診に是非行って欲しい!』

そんな方々が 共通して発信されている言葉です。

これほどまでに メディアに取り上げられているのに 検診を受ける方が中々増えませんよね。

心の何処かに 自分は大丈夫。って 思いたい自分がいるのでしょうか。

受診するのが ちょっと恥ずかしいと思っている人も。

忙しくてついつい 行きそびれちゃってる。

いろんな理由があると思いますが、やっぱり 自分の事です。

自分が気をつけなければいけないのですよね。

筆者も 今回の麻央さんの事を受けて 早々に 検診を受けて来ました。

今回検診して頂いた産婦人科はベテランの女医さんなのですが とっても気さくでサバサバとした先生に検診を受けながらお話しを伺って来ました。(病院名は 先生が 病院の宣伝をしてるみたいになるのが嫌だから 伏せて欲しいとのことなので 申し上げません)

今回受けたのは 視触診 とエコー検査 でした。

先生による触診は触診専用のふにゃふにゃしたシートの上から丁寧にしこりやひきつれなどを指の腹を使ってチェックをして下さるものです。

それから ゼリーを塗ってから エコーで調べてもらいます。

先生と一緒に画像がみれるのでその場で確認できるのがいいですね。

この検査を受けながら 先生にお話しを伺いました。

まず最初に質問したのが検診に来るタイミング。

女性にはサイクルがあるので そう言うタイミングのことなのですが、「検診に来る時のタイミングはいつでもいい!難しい事は考えないでとにかく検診に来て欲しい、それが大事ですよ。」とのこと。

視触診をしてもらいながら 次に伺ったのが お家で出来るセルフ触診 のやり方。

よく 乳がんのセルフチェックの仕方を調べると お風呂タイムに腕を上げて 月に1回くらいやるといいとかって書いてあって生理が終わって10日後位がおっぱいが1番ふにゃふにゃしてるからチェックしやすく 腕を上げて指の腹でおっぱい全体をまんべんなく渦巻きを描くように しこり や こぶ などがないか調べ 指先を揃え脇の下のリンパ節が腫れていないか確認するとあります。

因みに筆者は お風呂に入った時に この方法でまめにやっているのですが先生の裏ワザセルフチェック法を教えて頂きましたよ。

「やり方は簡単 前かがみになると おっぱいがぶらぁ~んとぶらさがった状態になるので おっぱいは柔らかくなるから 挟みながらチェックするとわかりやすいんだけどね~~。」だそうですよ。

同じ産婦人科の男性医師に 「女性はどうしてすぐできるのに自分のおっぱいを触らないの?自分のおっぱいなのに。」と聞かれたそうです。

案外 自分のおっぱいだからって 毎日 しっかり触らないものなのですよね。

「そうなのよねぇ、皆さん案外さわってないのよ。と 自分のおっぱいの正常な状態 、変化を日々触って手に覚えさせるといいのよ。」とおっしゃっていました。そうですよね。

女性の身体には月経と言うサイクルがあります。

それに伴って おっぱいも 硬かったり柔らかくなったり 月経が近くなれば張ってジンジンしたりと日々変化しているのですからその時その時の正常な状態を日々触って手で覚えて 自分のおっぱいの専門家になるとよいのではないでしょうか。

しこりを見つけたら、、、

良くないしこりは動かないのだそうで良性のしこりは動くのだとか。

ほとんどは良性のものだそうですが 見つけたときは必ず受診をして下さいとのこと。

先生もびっくりされたある患者さんは しこりが 5センチほども大きくなっていたのにもかかわらず 子供の用事だとか 介護だとかで 忙しくて診察に行かなかったのだとか。

確かに、子育てに追われ 親の介護にと自分のことが後回しになるのはわからないではないし 実際 そう言う女性って多いのかもしれません。

筆者も 何年か検診をついつい後回しにしていた女性の1人ですからね。(反省)

日々セルフチェックをして健康に気をつけていらっしゃる方のほとんどが異常なしの結果になるそうです。

異常なしでも 何処か気になる方の場合は先生からもう一度来て下さいと伝えるそうなので そう言われた方は 再来院なさって下さい。

今回の検診では 視触診とエコーのみでしたが マンモグラフィー検査もあります。

マンモグラフィーは おっぱい専用のレントゲン検査で 乳がんの初期症状である極小さな石灰化やセルフチェックではわかりにくい小さなしこりを静止画像として見ることが出来る検査です。

しかし、乳腺が発達している20~30代の女性に不向きで 40代以降の方ぐらいからエコーと合わせての検査が有効であるようですので、年齢に応じて検査内容を考えるといいですね。

どんなガンもそうですが 早期発見 早期治療 は重要なことです。

時間を作ってでも 是非 検診へ行ってみて下さい!

執筆:由佳理編集員
カラダの衰えに焦り、今はランニングが趣味。1968年生まれの私のプロフィール
(顔写真付き)は下記のURLをクリック(タップ)するとご覧いただけます。
http://kenbi-denshin.com/nagasaki/editor/2008

  • googleplus