健美伝心 長崎県編

健美伝心とは
地元風土を生かし、先人、そして今をそこに生きる人たちの生活の知恵・習慣・食文化を通して健康・美をお伝えするサイト。地元に住んでいるからこそ伝えたい事、知って欲しい情報がここにある・・・。 地元風土を生かし、先人、そして今をそこに生きる人たちの生活の知恵・習慣・食文化を通して健康・美をお伝えするサイト。地元に住んでいるからこそ伝えたい事、知って欲しい情報がここにある・・・。
健
真の健康とは、心身とも健康な事。生き甲斐を感じ生活する事が健康の第1歩。 そのヒントがこのサイトの中にある。 真の健康とは、心身とも健康な事。生き甲斐を感じ生活する事が健康の第1歩。 そのヒントがこのサイトの中にある。
美
美しさとは、相手を思う優しい気持ちと愛と笑顔で作られます。美しさの素がこのサイトの中にある。 美しさとは、相手を思う優しい気持ちと愛と笑顔で作られます。美しさの素がこのサイトの中にある。
伝
人だから出来る言葉・音楽のコミュケーション。感動を言葉で伝える喜びをわかちあえるサイト。 人だから出来る言葉・音楽のコミュケーション。感動を言葉で伝える喜びをわかちあえるサイト。
心
心の元気があってこそ、体の元気が作られます。 心の元気があってこそ、体の元気が作られます。
健
美
伝
心

< 習慣 >

1日と15日に御赤飯を炊く風習 「おついたちさん」「じゅうごんちさん」

,習慣,由佳理編集員

御赤飯って 皆さん お家でどんな時に炊いてますか?
主に お祝い事の時に炊いてることが多いですよね。
我が家では 筆者が この家に嫁いだ時には御赤飯がよく炊かれていて、月の始めの 1日 と 中日の 15日が決まって御赤飯が食卓に登場します。

何の疑問もなく 1日と15日は御赤飯を炊くものだと 炊き続けて来ましたが、ある時 ふと 「な〜んでだろ?」と ようやく疑問に思い調べて見ました。
「えぇっ⁉︎ 今頃になって疑問に思う?」と ツッコミがはいりそうですがwww

☝🏻そもそも、なんで御赤飯?

古代より 赤い色には 邪気を祓う力があるとされていて神道では米はとても価値の高い食糧と考えられて来ました。
そのために、古代には赤米を蒸したものを神に供える風習があったようです。

江戸時代になる前までこの米を食して来たようですが、稲作技術の発展により作りやすく 美味しい米が出来たことで食味が劣る赤米では排除されるようになりました。
しかし、その風習は続き 白い米に小豆で色付けする方法がとられるよになったようです。

現在では 祭りや誕生祝いなどのおめでたい吉事に炊くのが一般的ですが、江戸時代には凶事に赤飯を炊く風習が既にあって、その理由は はっきりしません。
赤色が邪気を祓う効果があるとされ その効果を 「縁起直し」という期待を込めて赤飯が炊かれたと考えられます。
何らかの理由で吉事に食されるようになったようです。

🌅なるほど〜、 ここまで調べてみて おめでたい時よりも昔の方々は 邪気を祓うために 凶事に御赤飯を供えていたのですね〜。

☝🏻健康面から見た小豆

小豆には 鉄分や亜鉛 、カリウム 、ビタミン B1、B2、B6なども多く含まれ、むくみをとる、二日酔いにいい 、肌を美しく保つ 、母乳の出がよくなり産後の肥立ちをよくするなど、昔から伝えられているそうです。

🌅 小豆は女性に嬉しい効能が含まれているようですね。
御赤飯以外の調理法でも取り入れてみたい食材ではないでしょうか?

☝🏻一日と十五日には どんな意味が?

昔は「おついたちさま」「じゅうごんちさま」と言って霊が動く日とされ、各地で 神社へお参りに行く人が多いそうで「おついたち参り」「じゅうごんち参り」と言います。
この日には霊魂が活発になり願いも叶えてもらいやすく墓や寺に行く人も多いのだそうです。

🌅 神様や仏様に声が届きやすい日に出かけたいものですね🎶

☝🏻御赤飯をいただく風習

おついたちには 元旦と同じくらいの思い入れがあるそうで、無事にひと月を送れたと言う喜びと これからの1ヶ月をうまく商売ができるようにと願いを込める大事な日で 商売をしている家では 「マメに働けるように」と豆のご飯(御赤飯)を食べる習慣があったそうです。

筆者思うに、現代においては商売をしていなくても 「おついたち」に健康や仕事など 穏やかに心豊かに過ごせたことへの感謝と次の1ヶ月を同じように過ごせますようにとのお願いをさせていただく日で、15日は ちょうど月の半分の御礼に伺う日なのではないかと思いました。

御赤飯に使う小豆ですが、神様にお供えするための豆は本来は 「ささげ」というお豆で 「神にささげる」という意味があるようです。
ですが、我が家では 大納言小豆を使って 御赤飯を炊いています。

【筆者流 大納言小豆の御赤飯】
白米 2合
もち米 2合
大納言小豆 大さじ2
大納言小豆の煮汁+水 炊飯器の炊き上がり目盛りぶん
粗塩 5g

執筆:由佳理編集員
カラダの衰えに焦り、今はランニングが趣味。1968年生まれの私のプロフィール
(顔写真付き)は下記のURLをクリック(タップ)するとご覧いただけます。
http://kenbi-denshin.com/nagasaki/editor/2008

  • googleplus